漢方ナビ
 

白朮(ビャクジュツ) キク科

使用部位 オケラ、またはオオバナオケラの根茎を乾燥したもの。
特徴 夏から秋に、白または淡紅色の小花をつける、キク科の多年草です。地上部が枯れる初冬に、節がある長い根をとります。
作用 気の働きを助けたり、水分代謝を調節したりして、消化器官を健やかにする働きがあります。
メモ 白朮には邪気を払う力があると信じられてきました。「オケラ詣り」で知られる京都の八坂神社の初詣は、白朮を燃やした火を持ち帰る神事で知られます。また、お酒に浸けて飲む正月の屠蘇散にも、白朮が配合されています。
写真:白朮
 
閉じる
Copyright © Kampo Navi All rights reserved.