漢方ナビ
 

桂皮(ケイヒ) クスノキ科

使用部位 ケイの樹皮を乾燥させたもの。
特徴 熱帯アジアに生息するクスノキ科の常緑高木。全体に芳香があり、葉は卵形で、縦方向に3本の葉脈が走っています。樹液が多く、樹皮をはがしやすい雨期に収穫します。
作用 健胃、発汗、解熱などの作用があり、食欲不振や消化不良、感冒、頭痛、発熱などに用いられます。
メモ 桂皮には、独特の香りがあります。京都銘菓の八つ橋やインドティのチャイ、カレースパイスに使われる、肉桂やシナモンのことだと言ったら、思い出す方も多いでしょう。奈良時代には日本に伝来していたようで、奈良県にある正倉院には今も保存されています。
写真:桂皮
 
閉じる
Copyright © Kampo Navi All rights reserved.