漢方オンラインチェック あなたはどの証?

漢方では、患者を一把ひとからげにみるのでなく、ひとりひとりにあった診察や処方をおこないます。そのために用いられるものさしが「証(しょう)」。体質や体力により、「陰証と陽証」「表証と裏証」「寒証と熱証」「気虚証・血証・水毒証」などさまざまな証がありますが、なかでもよく使われるのが「虚証と実証」です。外見や体力をあらわすもので、証の基本となります。

虚証 線が細く、顔色が悪いタイプ。いわゆる虚弱体質。
(特長)やせ型・筋肉質ではない・細面・声が小さい・胃腸が弱い・疲れやすい・抵抗力が弱い・お腹の弾力が弱い
実証 スポーツ選手に多い。がっしりとした体格で、血色もよい。
(特長)がっちり体型・顔が四角張っている・声が大きい・胃腸が強い・便秘しやすい・抵抗力が強い・お腹に弾力がある
虚証が強くても、実証が強くても病気になりやすいので要注意。理想的なのは、どちらにもかたよらない、「中間証」です。もちろん、専門医に診てもらうのが一番ですが、自分でもある程度、チェックすることは可能です。さて、あなたの証はどれでしょうか。

  虚証 中間証 実証
体型は… 華奢である 中肉中背である 筋肉質でがっしりしている
声は… 細くて小さい 普通 大きくしっかりしている
ちょっと動くと… すぐ疲れる どちらともいえない まったく疲れない
肌は… さめ肌で荒れやすい 普通 つやつやしており、血色がよい
元気は… あまりない どちらでもない ありあまっている
胃腸は… 弱いほう 普通 丈夫なほう
食欲は… あまりない 普通 いつもある
爪は… 爪に筋や波がある 普通 ピンク色でなめらか
便秘をすると… 大して気にならない なんともいえない つらい
あてはまる数が一番多かったものが、あなたの証。実証と中間証が同じ数なら、やや実証。虚証と中間証が同じ数の場合は、やや虚証となります。また、実証と虚証が同数であれば、中間証と考えましょう。

ページトップへ

漢方のことなら「漢方ナビ」!お近くの漢方医が探せるほか、漢方専門の先生をご紹介します。